So-net無料ブログ作成
検索選択

屋敷林フォーラム2014、無事終了 [イベント]

昨日開催された、屋敷林フォーラム2014。
安曇野市穂高の碌山公園研成ホールにて、
先週までの大雪の影響がまだあちこちに残るなか、
それでも60数名の来場者を迎えることができました。

前半は信州大学副学長の笹本正治教授の屋敷林に関する基調講演、
そして後半は市内の“緑”に直接間接に携わる方々による、
身近にできる緑化についてのパネルディスカッション。

細かな内容はさておき、いろいろ考えさせられる点はありましたね。
市内各所で展開されている宅地分譲開発。
0.3ヘクタールを超える開発行為には全体面積の3%を緑地として
整備しなくてはいけないと法令で定めがあり、実際に開発業者をこれを設置して
宅地分譲を行っています。
が、実態としては開発緑地は規定どおり設けたものの、
その後の管理がなされておらず、雑草が生え放題であったり
ゴミがちらかったりと、生活環境面でかならずしもよい状況になっていない
場所も少なからず存在しています。
そんななか、分譲業者と入居住民全体で協定を結んで
緑地の整備活用などに効果を上げている例などが発表されましたが、
ディスカッションでは開発緑地の活用推進について行政がもっと積極的に
業者や住民に働きかける必要などが語られていました。

また戸建住宅新築後の緑化が進んでおらず、家屋が剥き出しで
味気ない宅地が各所で見られる点なども指摘あり。
これは計画検討段階から建築工事費に相当の比重が置かれて
外構工事=庭の緑化などについて除外されることが多く、
その後の経済的理由なども手伝って緑化が進まないという流れが主な要因です。
ただ経済的理由だけでなく、新築入居して後回しにしてしまうと
信州弁でいうところ“ずく”がなくなって緑化に気が向かないでいることもあるかと思います。
たしかに庭を作ればその後も手がかかります。
かくいう自分も庭先の管理がちゃんと出来ているかと聞かれれば「・・・」で。(アセ)
行政ばかりに頼るのもおかしな話ですが、緑化を進めるためのきっかけづくり、
例えば新築入居祝いに緑樹をプレゼントするなどの誘導策があれば面白いですね。
実際、そうした計画を実行している自治体はけっこうあるようですし。
また、庭の造り方をよく知らないという若い人も少なくないなか、
アドバイスをしてもらえる専門家の窓口などもあればよいのかなと考えたりもします。

ディスカッションでは基調講演者の笹本教授から
「安曇野市がどういう緑を作りたいのか、市のビジョンが必要」
という指摘がありました。
また屋敷林を含む緑の環境を今後の高齢化と人口減少の流れの中で維持し続けるには
「緑化税の導入も考えるべき」「緑化整備のボランティア活動が重要」などの提言も。

自分はプロジェクター操作担当で気が休まらなかったのもありますが、
3時間超のフォーラムで途中飽きることなく終えられる充実感がありました。
が、いちばん充実していたのはその後のスタッフ懇親会でしたかね(^^)
とくに笹本教授の間口の広い見識とユニークな語り内容。
失礼ながら、とかく大学の先生は私的には退屈な弁論の方々が多い印象なのですが、
笹本教授の軽妙でありながら含蓄ある言葉はとてもいい勉強になります。
またいろいろな機会で一緒できることがあればと思いました。
とくに鋳物師や鐘の音色などといった研究テーマもある氏であり、
火の見櫓の点で話が嵌ってしまったのは、私的にこの日一番の収穫でありました(^^)v

2014.02.23.1.JPG
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

えー・・・・・・大雪でございます。 [日常風景]

東京でも雪だ雪だと大騒ぎしている頃、
ここ安曇野でもご多分に漏れず、けっこうな雪に見舞われまして。

いやはや、今日は朝から大変でした。
まず朝、玄関を出るとアプローチが完全に雪に埋まってしまっており。
2014.02.08.1.jpg
前の道路も朝7時時点で十数センチ積もっていたので、早速雪掻きを敢行。
ご近所さんも同じようにみんな早朝からひと汗かいていましたが、
土曜日ということも在ってほとんどの家庭は休日だったのが幸いでしたね。
2014.02.08.2.JPG
2014.02.08.3.JPG

で、今日は昼間ずっと降り続いた雪。
というより、お昼になるほどに降雪の状況もひどくなってきて、
お昼前後には2回目の雪掻き作業。

そして夕方には3回目の除雪。

ずっと動かさずにいた乗用車は夕方にはご覧の通りの有様。
2014.02.08.9.jpg
2014.02.08.8.JPG
立てておいたワイパーがかろうじて車であることを物語っています。

夜になって小康状態となりましたが、積雪は我が家付近で50センチくらいになりました。
ここ数年にはなかった積雪量ですね。
今年は雪が少ないと思っていましたが、まとめて降られちゃいましたよ。
2014.02.08.4.JPG

市街地へ出てもあちこち大変な状態になっていました。

穂高駅前通りの様子。
2014.02.08.6.jpg

大型スーパーも、普段の休日なら駐車場がいっぱいになっているはずですが、
今日はさすがに車もまばらです。
2014.02.08.7.jpg

道路脇では側溝に脱輪した車とかもあったり、
自分もブレーキかけたらズルズルと滑って焦ったり。
除雪の行き届いていない道路だとスタッドレスタイヤの四駆でも危ないんです。

安曇野は東京あたりに比べれば当然雪には慣れている環境ですが、
普段は真冬でも積雪状態が少ないので、ここまで降られてしまうと
除雪対策が脆弱であることを認めざるを得ません。
この点、豪雪エリアのほうがむしろ体制は充実しているといっていいでしょう。

いづれにせよ、自分の住む場所は自分たちの手で雪除けするしかないです。
そのためにもご近所同士協力して取り組む必要性を強く感じる次第です。
2014.02.08.5.JPG
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

平成26年の穂高あめ市 [イベント]

2月の第一日曜日は恒例、穂高のあめ市開催日。
2014.02.02.1.JPG
一年でいちばん寒い時期でもあり、毎年うんとこさ寒いイメージがあるのですが、
今日は未明から雪じゃなくて雨もしとしと降り続いたり、気温もすっごく高くて、
真冬の安曇野なのに日向にいればフリースだけでも過ごせるほどの陽気でした。

そんななかで開催されたあめ市ですが、
天候の影響もあってか、客足も鈍い印象。

イベント内容がマンネリ化しているという点も拭えない事実かと思われ。
消防団のラッパ吹奏。
縁起ダルマの販売。
つき立て餅&あったか汁の振る舞い。
子供たちの和太鼓&地元中学校吹奏楽部の演奏。
まちなかウォークラリー。
景品付き福あめ投げ。
などなど。

みんなそれぞれの持ち場で一生懸命に頑張っているはずなのですが、
やはり前年の実績を踏襲するところから始まっている現状では
限界があるというか、ジリ貧になってきている祭りの浮上のきっかけは
掴めないのかなという気がしています。

あめ市の由来を辿れば戦国時代の謙信から信玄に対する
「敵に塩を送る」の故事(伝説)から「塩市」が始まり、
のちに転じてこれが「あめ市」になったということになるのですが、
関西出身の自分にとっては「えべっさん」と似たような意味合いなのかなと
勝手に思ったりもしております。
神輿を担いだ健壮団という青年団がお店や民家を巡って
商売繁盛などを願ったりしていますし。

スタッフの一人が今日呟いていました。
「ご破算で願いましては、、、というところから仕切りなおさないと」と。

そういうことなのかもしれないですね。

かつてのあめ市は、相当な人出で大賑わいだった。
でも今は商店の数も激減し、町全体の活力が失われてしまっている。
町の姿が変化しているのにイベントの形式だけがずっと同じように
踏襲され続けているのはやはり無理を感じずにはいられないです。

今は他の行事などとも絡みがあったりするため準備期間がすごく短いので、
一年計画でしっかり準備を整える必要だってあるかと思います。
それぞれ仕事を抱えているなかで大変だとも思いますが。。。

毎年あめ市を楽しみにしてくれている人たちもいるわけで、
マイナートラブルなどすぐに改善できる点は修整を加えていくとして、
まちづくり全体のなかでの「あめ市」の位置づけをもう一度検証しなおして
方向性や企画を考え直して行かないといけないですね。

2014.02.02.2.JPG
2014.02.02.3.JPG
2014.02.02.4.JPG
2014.02.02.5.JPG
2014.02.02.6.JPG
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。