So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント ブログトップ
前の10件 | -

穂高で「ひとちず」なるものを作ってみた [イベント]

昨日(11月30日)、穂高でイベントが一件。

安曇野まちなかカレッジ2014秋に参加するイベントのひとつで、
「つくろう!安曇野の“ひとちず”」という実践的ワークショップ

地図には建物や道路の情報はあるけど、そこに暮らす人の情報がないよね」
という、ひとりの信州大学生の話がきっかけで実現したもので、
主催は長野県の若手職員を中心にしたSHIPというグループ。
今回自分たちは安曇野ふるさとづくり応援団の立場で
地元住民として道案内などを含めたサポート参加しました。
2014.11.30.1.JPG

全体の参加者数は20名ちょっとで幾つかのグループに分かれ、
まちなかに出てまずは町の人々にヒアリングして回る実地作業。
2014.11.30.2.JPG
実地調査タイムは90分という短い時間、
この時期にしては暖かい昼間とはいえ季節は初冬で閉め切られている窓、
ただでさえ営業されている商店が減少しており、
なにより普段から歩く人自体極めて少ない穂高のまちなか。
各班とも調査対象となる人探しに苦労するかと思われたのですが、
いざ蓋を開けてみると、まあそれなりにヒアリングすることが出来まして。
2014.11.30.3.JPG

調査したのはもちろん商店だけでなく、地域の一般家庭の人々も。
この時期は菜っ葉の収穫と漬物にするための作業をしている人が多く、
幾つかの班でそうした作業中の住民の話を聞くことが出来ました。
2014.11.30.6.JPG
2014.11.30.7.JPG
菜っ葉漬の準備風景というのは田舎ならではですね。

自分が同行した班では葱を収穫しているお母さんと出会い
あれこれ世間話をしているうちに「ネギ、持ってくかい?」となりまして。
メンバー数名、それぞれネギを手土産に頂戴し、思わぬ収穫となりました。
2014.11.30.4.JPG
2014.11.30.5.JPG

実地調査後は会場に戻り、出会った人たちの言葉を地図にまとめる作業。
2014.11.30.8.JPG
2014.11.30.9.JPG
ほとんどが何気ない会話や昔話でしたが、
町のあちこちで出会った人の話はとても楽しく、
短い時間でしたがとても有意義なものでした。
一般参加した人たちもみな笑顔で楽しげで、
とくに今回は大学生など若い人たちの参加が多かったこともあり、
普段のまちづくりワークショップとはひと味違った空気を作り出せていました。

イベントしてはまずまず成功。
課題はこの貴重な体験を今後のまちづくりにどう生かすか。
いまのまちなかに足りないものは、なにはさておき歩く人の姿。
歩く人を増やすには、町の魅力を高めること。
町の賑わうための要素はいろいろ考えられますが、
商店などの人が立ち寄ることの出来る場所の創出もやはり肝となるわけで。
昔ながらの商店はもう店を閉めてしまって寂しい限りだけど、
かといって他の人がそこで商売をするには建物が売り買いされたり
テナントとして貸し出される機会があまりに少ないのがネック。
そうした、ややもすると閉鎖的であり閉塞感がただようまちなかに対し、
こうした地域住民の声を拾い上げていく活動が
なにかしらの呼び水になって、地域とそこを訪れる人とを繋ぐきっかけに
なりはしまいかと考えたりもしています。

町というのは本来もっとオープンな場であるべきですが、
田舎町ほど内に固まってしまったり、守りに入ってしまうきらいがあるように思えます。
今回の“ひとちず”のような若い子たちの積極的な活動が、
そんな固くなってしまった町を解きほぐすきっかけに育って行ってくれればいいなと、
そんなふうに感じた一日でした。
2014.11.30.10.JPG

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

新そばと食の祭典@安曇野、穂高神社 [イベント]

昨日と本日、2日間にわたり穂高神社の境内にて
新そばと食の祭典が開催されました。

昨年初開催されたイベント
蕎麦どころとしてお蕎麦屋さんの競争も激しい(のか?)な安曇野ですが、
これまで名物としての蕎麦をテーマにした大きなイベントがなかったわけで、
商工会などが中心になって取り組んでいるものです。

穂高神社の境内をめいっぱい使用したイベントは
同じく境内を利用している夏のわさび祭りに匹敵する規模で、
食をテーマとしているだけに動員力はむしろこちらのほうが
あるのではと思えるほどです。
2014.11.16.1.jpg
2014.11.16.2.jpg
2日目は駅前通りの一部も歩行者天国となり、
軽トラ市などもイベントの一環として開催。
2014.11.16.3.jpg
さらには我らが安曇野百選プロジェクトも2日目には穂高神社境内には
神社探検ウォークラリーを開催。
トータルで150名近い参加者に楽しんでいただきました。
2014.11.16.5.jpg
(百選プロジェクトとは・・・安曇野で、まああれやこれやといろんな楽しいことやってる
安曇野ブランドデザイン会議から育ってきた官民共同に近いプロジェクト。)

毎年ウォークラリーは2月のあめ市に合わせて
穂高のまちなかをテーマにして開催しているのですが、
やはりマンネリ気味なこともあって参加者も減少傾向でした。
ただ、これにはメインイベントの"あめ市”そのものの集客力が
ベタベタであるという点が問題の根本にあったりもしています。

あめ市の場合は2月の厳寒期というハンデもあるとはいえ、
やはりイベントの中身そのものに魅力が足りていないということなのだと思いますし、
それ以前に穂高の街そのものも活力が不足している側面も否めないのですよね。
いっそのこと、この11月の新しい祭典をあめ市にしちゃえばという
いささか(かなり?)乱暴な考えもちらついたりするのですが、
まあそういうわけにもいかないでしょう。

集客力のあるイベントを企画すればそのときは人は集まるんですけど、
それがなかなか持続的に人の流れを街中に持って来られない。
まあイベントの人の集まりを日常の風景に活用できていないのは
多くの街の大いなる悩みの種なんですけどね。

なんにせよ、この週末はとても賑やかだった穂高のまちなか(というか穂高神社界隈)。
まもなく訪れる本格的な冬の前に、みんなで楽しいひとときを過ごしました。

以上。
2014.11.16.4.jpg
2014.11.16.6.jpg
2014.11.16.7.jpg

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

屋敷林フォーラム2014、無事終了 [イベント]

昨日開催された、屋敷林フォーラム2014。
安曇野市穂高の碌山公園研成ホールにて、
先週までの大雪の影響がまだあちこちに残るなか、
それでも60数名の来場者を迎えることができました。

前半は信州大学副学長の笹本正治教授の屋敷林に関する基調講演、
そして後半は市内の“緑”に直接間接に携わる方々による、
身近にできる緑化についてのパネルディスカッション。

細かな内容はさておき、いろいろ考えさせられる点はありましたね。
市内各所で展開されている宅地分譲開発。
0.3ヘクタールを超える開発行為には全体面積の3%を緑地として
整備しなくてはいけないと法令で定めがあり、実際に開発業者をこれを設置して
宅地分譲を行っています。
が、実態としては開発緑地は規定どおり設けたものの、
その後の管理がなされておらず、雑草が生え放題であったり
ゴミがちらかったりと、生活環境面でかならずしもよい状況になっていない
場所も少なからず存在しています。
そんななか、分譲業者と入居住民全体で協定を結んで
緑地の整備活用などに効果を上げている例などが発表されましたが、
ディスカッションでは開発緑地の活用推進について行政がもっと積極的に
業者や住民に働きかける必要などが語られていました。

また戸建住宅新築後の緑化が進んでおらず、家屋が剥き出しで
味気ない宅地が各所で見られる点なども指摘あり。
これは計画検討段階から建築工事費に相当の比重が置かれて
外構工事=庭の緑化などについて除外されることが多く、
その後の経済的理由なども手伝って緑化が進まないという流れが主な要因です。
ただ経済的理由だけでなく、新築入居して後回しにしてしまうと
信州弁でいうところ“ずく”がなくなって緑化に気が向かないでいることもあるかと思います。
たしかに庭を作ればその後も手がかかります。
かくいう自分も庭先の管理がちゃんと出来ているかと聞かれれば「・・・」で。(アセ)
行政ばかりに頼るのもおかしな話ですが、緑化を進めるためのきっかけづくり、
例えば新築入居祝いに緑樹をプレゼントするなどの誘導策があれば面白いですね。
実際、そうした計画を実行している自治体はけっこうあるようですし。
また、庭の造り方をよく知らないという若い人も少なくないなか、
アドバイスをしてもらえる専門家の窓口などもあればよいのかなと考えたりもします。

ディスカッションでは基調講演者の笹本教授から
「安曇野市がどういう緑を作りたいのか、市のビジョンが必要」
という指摘がありました。
また屋敷林を含む緑の環境を今後の高齢化と人口減少の流れの中で維持し続けるには
「緑化税の導入も考えるべき」「緑化整備のボランティア活動が重要」などの提言も。

自分はプロジェクター操作担当で気が休まらなかったのもありますが、
3時間超のフォーラムで途中飽きることなく終えられる充実感がありました。
が、いちばん充実していたのはその後のスタッフ懇親会でしたかね(^^)
とくに笹本教授の間口の広い見識とユニークな語り内容。
失礼ながら、とかく大学の先生は私的には退屈な弁論の方々が多い印象なのですが、
笹本教授の軽妙でありながら含蓄ある言葉はとてもいい勉強になります。
またいろいろな機会で一緒できることがあればと思いました。
とくに鋳物師や鐘の音色などといった研究テーマもある氏であり、
火の見櫓の点で話が嵌ってしまったのは、私的にこの日一番の収穫でありました(^^)v

2014.02.23.1.JPG
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

平成26年の穂高あめ市 [イベント]

2月の第一日曜日は恒例、穂高のあめ市開催日。
2014.02.02.1.JPG
一年でいちばん寒い時期でもあり、毎年うんとこさ寒いイメージがあるのですが、
今日は未明から雪じゃなくて雨もしとしと降り続いたり、気温もすっごく高くて、
真冬の安曇野なのに日向にいればフリースだけでも過ごせるほどの陽気でした。

そんななかで開催されたあめ市ですが、
天候の影響もあってか、客足も鈍い印象。

イベント内容がマンネリ化しているという点も拭えない事実かと思われ。
消防団のラッパ吹奏。
縁起ダルマの販売。
つき立て餅&あったか汁の振る舞い。
子供たちの和太鼓&地元中学校吹奏楽部の演奏。
まちなかウォークラリー。
景品付き福あめ投げ。
などなど。

みんなそれぞれの持ち場で一生懸命に頑張っているはずなのですが、
やはり前年の実績を踏襲するところから始まっている現状では
限界があるというか、ジリ貧になってきている祭りの浮上のきっかけは
掴めないのかなという気がしています。

あめ市の由来を辿れば戦国時代の謙信から信玄に対する
「敵に塩を送る」の故事(伝説)から「塩市」が始まり、
のちに転じてこれが「あめ市」になったということになるのですが、
関西出身の自分にとっては「えべっさん」と似たような意味合いなのかなと
勝手に思ったりもしております。
神輿を担いだ健壮団という青年団がお店や民家を巡って
商売繁盛などを願ったりしていますし。

スタッフの一人が今日呟いていました。
「ご破算で願いましては、、、というところから仕切りなおさないと」と。

そういうことなのかもしれないですね。

かつてのあめ市は、相当な人出で大賑わいだった。
でも今は商店の数も激減し、町全体の活力が失われてしまっている。
町の姿が変化しているのにイベントの形式だけがずっと同じように
踏襲され続けているのはやはり無理を感じずにはいられないです。

今は他の行事などとも絡みがあったりするため準備期間がすごく短いので、
一年計画でしっかり準備を整える必要だってあるかと思います。
それぞれ仕事を抱えているなかで大変だとも思いますが。。。

毎年あめ市を楽しみにしてくれている人たちもいるわけで、
マイナートラブルなどすぐに改善できる点は修整を加えていくとして、
まちづくり全体のなかでの「あめ市」の位置づけをもう一度検証しなおして
方向性や企画を考え直して行かないといけないですね。

2014.02.02.2.JPG
2014.02.02.3.JPG
2014.02.02.4.JPG
2014.02.02.5.JPG
2014.02.02.6.JPG
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

道祖神のシンポジウムに行ってみた [イベント]

昨日、安曇野市の交流学習センター“きぼう”にて
道祖神に関するシンポジウムが開催されまして、
まちづくりの仲間がパネリストとして参加することもあり、
ちょっと時間をつくって聴講してきました。

「道祖神が拓く安曇野の未来」」というタイトル
じつは9月に市内で道祖神展というイベントが開催されており、
そのプログラムのひとつとしてこのシンポジウムがあったのですが、
開催当日が運悪くあの超大型台風が直撃したためやむなく中止。
今回、なんとか年内の再開催へこぎつけたという次第。

で、内容ですが。。。

基調講演が國學院大學名誉教授の倉石忠彦氏。
「安曇野と道祖神信仰」というテーマで、主に道祖神の歴史について解説。
90分間を超える講義は少々聴き疲れもありましたが、
まあ道祖神好き、歴史好きの人にとっては楽しかったのではないでしょうか。

その後、パネルディスカッションに入ったのですが、
プロジェクター(パソコン?)の不具合があったり、あれやこれやで時間が短くなり、
各パネラーの発表をするとあまり時間も残っておらず、
各氏にテーマに沿ったなかでひと言ずつコメントを出してもらったところで終了。
ディスカッションにもならず、メインテーマの壮大さの割には
ぶっちゃけまったく物足りなさだけが残りました。

こういうシンポジウムは自分も運営側の経験がありますが、
進行と内容のサジ加減がけっこう難しくて、なかなかテーマに沿う形で
充実した内容とするのは素人進行では大変なところがあります。
理想からすればMCはその筋の専門家に任せられればいいと思うのですが、
外部の人間を雇えるほど予算があるわけでもないでしょうし、難しいですね。

少なくとも進行役には専任の人間を置くのがセオリーなわけで、
その意味で司会に道祖神研究家の石田益雄氏を置いたのも、
あえて言わせてもらえばミスキャストではなかったかと。
石田氏とは自分も私的に懇意にさせて頂いて、人柄も見識も尊敬できる方で
道祖神に対する研究成果や愛情は安曇野でも屈指の人物ですが、
であればこそ司会ではなくパネリストのひとりとして、
氏の見解を存分に披露してもらいたかったところです。
主催側の実行委員長という立場だからということかもしれませんが、
やはり司会は調整役に専念できる人物を置くべきでしょう。
氏もその点を気にされてか、ご自身の意見発表がしづらそうでした。

せめてもの救い(?)は、後半部分のパネリストからの発表内容と
最後に出されたコメントでしょうか。
この類のシンポジウムとなると、とかく歴史の考察や
重箱の隅を突くような細かな質疑応答に終始することが多いのですが、
(実際、前半の講演や参加者からの一般質問の内容はまさにそれでしたが)
日常行われている道祖神に所縁のあるまちづくりの実績紹介や
学校学習との関連性など、身近な生活シーンでの道祖神の関わり方を
考えさせられる中身が少しは出されたかなと思います。

もっとも、歴史好きで未来ではなく過去にばかり目を向けがちな“道祖神マニア”にとって、
こうした未来への提言がどれほど響いたか、疑わしいものがありますが。

安曇野にあって道祖神はごく普通に日常生活に溶け込んだ、当たり前の風景。
であればこそ、あまり難しく考えすぎず、気軽に付き合える存在として
地域のまちづくりに活かしてゆければいいと思い参加した昨日でしたが、
運営面でのある意味勉強のほうが多かった印象なのがなんともはや、、、でした。

2013.12.14.1.jpg
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

今年の神竹灯in穂高神社 [イベント]

数年前より穂高神社にて初冬のこの時期に開催されている
「神竹灯」。
今年は週末の6日(金)~8日(日)の日程で開催されました。

大分県竹田市で毎年開催されている「竹楽」という竹灯篭イベントがあり、
そこで使用された竹筒を譲り受け、安曇野は穂高神社にて
同様の灯篭イベントを開催することになったというわけですが。

なぜに竹田市の灯篭イベントが安曇野に?ということですが、
なんでも竹田市の祖母山の神が「トヨタメヒメ」であり、
これは穂高神社の主祭神である穂高見命の長姉にあたり、
そこから(少々強引ながら)神代の繋がりから
竹田市(トヨタマヒメ)から安曇野(穂高見命)への贈り物という物語が出来、
幻想的な光景を安曇野でも見られるようになったというわけで。

まあ、経緯なんてことはともかくとして、
夜の境内一帯がとても美しい灯りで彩られ、
訪れた参拝者の皆さんも大いに楽しんでいました。

運営面ではいろいろ課題も多そうですが、
ずくがあるうちは続けていってもらいたいと思います、はい。

CIMG9112.JPG
CIMG9116.JPG
CIMG9119.JPG
CIMG9121.JPG
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

歩いて楽しいまちづくりプロジェクトin重柳 [イベント]

好天に恵まれた日曜日、
「歩いて楽しいまちづくりプロジェクト」の市民参加型イベント
豊科重柳地区にて実施しました。

地域住民も観光客も、乗用車がスタンダードになってしまっている
安曇野での移動手段ですが、自分の足で歩いて巡ってこそ
安曇野の真のよさが発見できるというもの。
今回のイベントでは、地域住民の人々に徒歩という
ゆったり目線でまちに目を向けてもらい、日ごろ気づきにくい
まちの良さを再発見してもらおうという企画で、
将来的にはこうしたプロジェクトの動きが各地区の主体的な
活動へと繋がっていくことが期待されています。

と、まああまり難しい話は抜きにして、
今回参加した親子、夫婦、友人といったグループの皆さんには
それぞれカメラを片手に指定されたコースをめぐり、
コース散策のあとはそれぞれ撮影した画像をプリントして
地図上にそれぞれ見つけてきた地域の“お宝”を張りつけ、
みんなで報告しあって古くて新しい発見を楽しんでもらいました。

プロジェクト自体はこのブログでも何度か採り上げたように
計画そのものはずいぶん以前から進行していたのですが、
イベントして表に出たのは今回が初めて。
まだまだ改良の余地を残していますが、
アクションを起こしながら次に繋げてゆける様な
仕組みを構築して行ければいいなと思います。

2013.09.29.arutano1.JPG
2013.09.29.arutano2.JPG
2013.09.29.arutano3.JPG
2013.09.29.arutano4.JPG
2013.09.29.arutano5.JPG
2013.09.29.arutano6.JPG
2013.09.29.arutano7.JPG
2013.09.29.arutano8.JPG
2013.09.29.arutano9.JPG
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

30年目を迎えた、安曇野わさび祭り [イベント]

8月第一週の週末は、安曇野穂高のわさび祭り。

よさこいのイベントが開催されるようになってからは
納涼祭とよさこいのセット=わさび祭りとなっていて、
ここ数年は土曜日夜に納涼祭、日曜日が丸一日よさこいと、
それぞれ住み分けがなされるようになっています。

で、今宵は納涼祭ということで、
穂高音頭と穂高サンバのミュージックに合わせて
参加各連のみなさんが楽しげに(?)踊り舞っていました。

いろいろ運営面で「これどうよ?」という部分を感じなくもないですが、
便乗酔いしている今宵は、ここで酔った勢いで書き連ねると
ろくなことにならないと思うのでカットします。

まあ、少なくともはっきりと言えるのは、
祭りは見るより参加するほうがずっと楽しい、ということでしょう。

明日はよさこい。
本格的なサークルのキレキレの踊りから、
保育園児たちのほのぼのとした可愛らしい踊りまで、
安曇野らしさがあって楽しいよさこいが楽しみです。
2013.08.03.1.JPG
2013.08.03.2.JPG
2013.08.03.3.JPG
2013.08.03.4.JPG
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「未来につなぐふるさと安曇野」講座、初日でした [イベント]

安曇野検定の準備講座も兼ねた
「未来につなぐふるさと安曇野」講座が、本日よりスタート。

毎週または隔週単位で実施され、10月下旬まで続く全10回の講座ですが、
その第1回目の講座が今夜、穂高のみらいホールにて行われまして。

第1回講師、燕山荘オーナー、赤沼健至氏。
タイトル「北アルプスの魅力」。

いやぁ、なかなかに面白かったですよ。
学者ではない、いわゆる現場の人である同氏の話には説得力があり、
且つこうした講座にありがちな堅苦しさは微塵にも感じられず、
軽妙な語り口に時折会場からも笑いが起こり、
非常にユニークな内容ながらも北アルプスの魅力を
90分に満たない制限時間をフルに活用して語りきったという印象。

全編にわたって有意義な話が続いた中で、
私的に気に入ったのは講座開始直後の赤沼氏の“つかみ”。
詳細は割愛しますが、たいしたネタではなかったんですけどね、つかみ。
でも会場全体の気持ちをほぐすトークは、つかみだけでなく、
トーク全般がガイドのはしくれとしてとても参考になるものでした。

このあと講師を変えつつ講座が進行して行きますが、
赤沼氏のトップバッター起用は講座全体の“つかみ”を得るためにも
成功だったのではないかと思います。

じつは今年度の講座では、自分も講師のひとりとして参加予定になっています。
今日はそのための参考の意味もあって聴講させてもらったのですが、
講師のためとかそういうのを抜きにして楽しめました。

第2回目以降がどうなるか、楽しみです。

IMG_20130710_190725.jpg
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

穂高あめ市2013 [イベント]

今日は穂高のあめ市。
2013.02.03.1.JPG
例年通りスタッフのひとりでしたが、
朝からの準備には仕事で行けなくて
担当のウォークラリーが始まる直前から参加。

例年通り、つみっこ汁とか御餅の振る舞いには長蛇の列。
2013.02.03.2.JPG
これまた例年通りの穂高太鼓の子供たちや、
今年は穂高東中の吹奏楽部の子たちが参加してくれたんだけれど、
写真はあいにく撮り忘れ。

ラストは豆まきならぬ“飴まき”。
景品付きの飴まきに大勢参加でしたが、
圧倒的に飴の数が足りてない。もうちょっと奮発できないもんですかね。

そんなこんなの今年のあめ市、目玉はある意味彼らだったかも。
安曇野関連のキャラから信州を代表するお歴々まで勢ぞろい。

毎年登場のアルクマは、もうすっかり有名人(有名熊?)。
2013.02.03.4.JPG
松本山雅からガンズ君がレンタル移籍(?)。
2013.02.03.5.JPG
信州が誇る最強ツートップです。
2013.02.03.6.JPG

木子(もっこ)は国営アルプスあづみの公園のキャラクター。
2013.02.03.7.JPG
いちおう木子は女の子で14歳。……中学生、か?
7歳下の弟で草太という子がいるけれど、アップ画像は撮れていませんでした。

で、この子は、あづみん。
2013.02.03.8.JPG
安曇野市社会福祉協議会のキャラクター。
はじめてみました。
っていうか、社協って全国的に各地にキャラクターが居るんですね。
ネットで調べてびっくり。

さらに希少な存在なのは彼ら。
安曇野市の農産物キャラクターたち。

そばっぴ(蕎麦キャラ)。
2013.02.03.9.JPG
らいすん(米キャラ)。
2013.02.03.10.JPG
あぷふーる(りんごキャラ)。
2013.02.03.11.JPG
あと、わさっぴ(わさびキャラ)がいるけど、これまたアップ画像は撮り忘れ。

最後に集合写真用に並んで撮影会。
2013.02.03.13.JPG
左端に写っている子が、わさっぴで、
右端の子が草太です。

あとひとり、ウサギがいたのですが、商工会のかぶりもの。
キャラクターとか、そんなんじゃなさそうなので割愛。

今年も天気は悪くなかったのですが、例年よりちょい寒かったという実感。
ウォークラリーの受付場所、もっと日当たりのいいとこにしませんか?
というのが来年に向けての課題でしたwww
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - イベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。